トラブルが発生したら

スタッフ日記(蛇口のトラブル)

一般のご家庭の給水設備や水道を使うための蛇口があります。

日常の生活には欠かせないのが水道です、その蛇口を使うことは必要不可欠で蛇口も使えば使う程、時が経てば経つほどにあたりまえのごとくごく自然に金属疲労や劣化していきます。その劣化によって蛇口の水漏れに悩まされたことが少なくありませんし非常に多いと言っても過言でないでしょう。台所、風呂、キッチン、洗濯機の給水蛇口などのハンドルをしっかりと締めていてもポタポタと水漏れをしてしまったり、ハンドルやパイプの根本から水漏れをしてしまうこと突然起きます。そのように蛇口から水漏れをしてしまったときに大切なことは、その水漏れを放置すること無く水漏れ修理を早めにすることです。水漏れ修理の方法としては、自分修理をしたり水まわりの修理業者に不具合箇所の修理依頼をしたりなどいくつかありますが、自力修理をするときの注意点を掲載していきたいと思います。

ケレップ(コマパッキン)


自分で水漏れ修理をするときに大切なことは、どこから水漏れをしているかを突き止めることが最重要となってききます。

水漏れをしている部分を見極めることによって原因の解明にもなっていくのです。例えば、ハンドルやパイプの根本から水漏れしているときには、ハンドルの内部にあるパッキンの老朽化が主な原因であると考えられます。従って、このパッキン交換をすることによって蛇口の水漏れが解消します。そして、水漏れ箇所や原因を特定することができて修理をする時に重要なことは、作業前に必ず止水栓(元栓)をしっかりと閉めることを忘れてはいけません。止水栓を閉めないと水が溢れ出てきてしまう可能性があるので、修理作業前には、止水栓(元栓)を必ず閉栓してください。そして、モンキーレンチなどを使い蛇口のナットを外してハンドルを外し内側にあるパッキンを交換して再度ハンドルとナットを元通りに戻します。そうすることによって自分でも簡単にパッキン交換をすることができて蛇口の水漏れを他の人の人力をかりなくても修理すことができるのです。

このような修理作業をいとも簡単にできるほどの技量も無いし自分で水道修理をすることに自信がない方もいらっしゃると思います。そんな方の為に蛇口などの水漏れの修理をしてくれる修理業者さんも日本国内にはかなりたくさんあります。水まわりの修理業者さんに電話をして水漏れ修理をしてもらうことも一つの方法でしょう。台所、風呂、キッチン、洗濯機の給水蛇口などの水漏れは、生活している中で頻繁にあることではないのですが、もし、蛇口の水漏れが起きてしまった時にどうすれば良いのか少し焦ると思います。そのようなときの為に水漏れの修理方法について自分なりに考えておくのも良いのではないでしょうか。事前準備が最も有効だといえるでしょう。


サポートセンター