評価リスト1搭載

水漏れ修理LotusLand

専有部分と共用部分の違いとわ

マンションと戸建てと大きく異なる点は、ひとつの建物を複数の人が共同で所有しており、「共用部分」と「専有部分」という区別があることです。
共用部分には、日本国法上あきらかに共用部分とみなされる「法定共用部分」と、法律上の区分から「専有部分」ですが管理上の入居契約(規約)で共用部分とした「規約共用部分」があります。また、共用部分には「専用使用部分」という、特に注意が必要な部分も存在します。
法定共用部分とは、外壁、界壁(住戸間を仕切る壁)、床スラブ、基礎、屋上、電気室、廊下、階段、玄関ホールなどです。設備関係では、エレベーター設備、給排水設備、電気設備、オートロック設備、テレビ共聴設備、避雷針などになります。また、規約共用部分の代表例は、管理員室、ごみ置き場、倉庫、集会室などです。
共用部分と専有部分との境界が管理規約に記載されていない(文言がない)では、必ずしも明確でない場合、大規模修繕がその境界を明らかにする契機になりますので、突然に水まわりトラブルで被害があった時には、規約(入居契約証)でどこまでが共有部かを確認することが最重要となります。

共有部でない、お客様がここで管理をしている専有部で排水詰まりがあった場合やお客様に過失があって排水詰まり。あるいは、水漏れがあった場合の修理負担や損害賠償は、お客様が支払う責務があります。そうならない為にも入居前に火災保険の加入を義務付けて応じない場合には、入居できない規約となっていることが大半です。もしもの時には、火災保険で対処できるように火災保険のご加入をオススメしておきます。


水が漏れた水道管

評価一覧
水道のトラブル修理 蛇口が故障した修理
お風呂場の蛇口が壊れた 洗面台の修理をしていた
洗濯機の排水が流れない 床下から水がしみだしてくる
浄水器から水が漏れる トイレが使えなくなってる
ホースを交換後も水が漏れる 給湯器から水が漏れている

料金
修理完了までの一連の流れについて